人に読まれる記事の書き方

人に読まれる記事を書くにはどうしたらいいのか?

 

物書きには、永遠の課題ですよね。

 

今回は、この疑問の答えを備忘録的にまとめます。

 

読者にとって価値のある記事

一番大事なこと。それは読者にとって価値のある記事を書くことですよね。

たとえば、googleが機械だからと、キーワード満載の記事を書いてもそれは評価されません。

 

他人が読んでも時間の無駄にならない記事を書くことが大切です。

 

自分はこれなら誰にも負けないっていうものを持っている方はそれについてのブログを持つのが一番でしょう。

 

しかし、凡人に一つのテーマでブログが書けるほどの知識はありません。

では、どういう記事を書いたらいいのか紹介します。

 

まとめ記事

自分が気になったことは、他人も気になっているということは以前の記事でも書きました。

自分が検索して見つけるのに苦労したことをまとめるには一つの手法です。

 

調べたいことを理解するのに複数のウェブページを見て回らないといけないことって多いですよね。

これを一つにまとめたら、読者にとって価値のある記事になると思いませんか?

 

ただし、ただまとめただけでは盗作になってしまします。

引用した以上にあなたの意見を含めましょう。

 

最悪、Googleのブラックリストに入り、全く検索されなくなります。

ご注意ください。

 

 

 

レビュー記事

自分が実際に使った物や体験したことを書くとリアリティが違います。

 

映画や漫画の感想amazonで買って良かった物一覧などが当てはまりますね。

製品の使い方なんかもこれに当てはまります。

 

僕も何か買い物をするときにはネットで評判を検索することが多いです。

また、使い方がわからなくて検索することも多いですよね?

 

体験談は人々にとって有用です。

わざわざ探して、読みに来てくれた人は時間を無駄にしたとは感じないでしょう。

 

書くときに意識すること

書き始める前に、狙ったキーワードで検索すること多いはずです。

書くときに意識することは、ただ一つです。検索結果に表示されてる記事より良い記事を書けば良いのです。

 

一番よりいいものは当然一番ですよね?

これで、あなたの記事は検索TOPに入ります。

 

一番良い記事=読者にとって価値のある記事という方程式は常に成り立つものと考えてください。

 

その他テクニック

良い記事を書けば、自然と人は集まります。

ただ、集客を加速するテクニックは別にあるんです。

 

一番重要なのは、タイトルの付け方

 

人が記事を読むかどうか判断するのは、タイトルを見て決めます。

一番最初に人々にリーチするタイトルは、まさに記事の顔です。

 

記事内容に合ったタイトルはつけるのはもちろんのこと、読んでみたくなるようなタイトルを付けましょう。

 

アイキャッチ画像も重要です。タイトルと一緒に目に入ることの多いアイキャッチ画像。

この画像もあなたの記事の顔になりますから、内容と同じくらい力を入れて選定しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です