【女性向け】結婚までには〇〇円貯金しておきたい!?

 

こんにちは。シュウマイです。
女性も結婚までにある程度のお金をためておきたいですよね?

では、その「ある程度」とはどのくらいなのでしょうか?

100万?200万?300万?500万?それとも1000万?
貯金ゼロでもなんとかなるかも?

いやぁ、結婚初心者な男性には見当もつきません。
かといって、結婚熟練者にもなりたくないですよね。×はつけたくないでしょう。

そんな世の女性のために、僕が必要な出費をまとめて、貯金しておきたい額を試算してみます。

結婚で必要になる3つの出費

結婚。それは夫婦になることですが、様々な出費が考えられます。

もちろんその大部分を男性に負担してもらえることが理想ですが、結婚後は2人の収入と貯金でやりくりしていかなければなりません。

どれくらいのお金が必要になるのか検討してみました。

嫁入り道具も必要ですが、古いしきたりですし、今のカップルには不要でしょうから、今回は取り上げていません。

結婚式

人生に一度限りの結婚式!

女の子なら結婚式に憧れを持っている人がほとんどのはずです。

300万円くらいかけてでも、理想の結婚式を挙げたいですよね。
真っ白のドレスを着て、70人ほどの参加者に祝ってもらえるなんて想像するだけでワクワクしませんか?

出席者から頂けるご祝儀を差し引いて、実際に必要となる金額は150万円くらいです。

婚約指輪

給料三ヶ月分もらいたいですよね!

とは言え、婚約指輪を購入するのは男性です。

女性はここに出費は必要ありません。

新婚旅行

女の子だったら、結婚式だけじゃなくて、まだまだしたいことがあるはずです。そう、ハネムーン(新婚旅行)です。

あなたと彼と、長期で旅行に行けるのなんて次は定年後かもしれません。
せっかくなので、一週間以上かけて海外旅行したいですよね。

旅行は、行先や期間、為替の状況によっても値段が大きく変わるので、相場の範囲が広くなります。

あなたは、近場のアジア圏で満足できますか?20万円あればいけますが、ちょっと後に不満が残りそうです。

アメリカやヨーロッパへの新婚旅行の相場は、二人分で50万円~100万円です。

しかし、人生で一度は世界一周をしてみたい、チャンスは今しかないし、という場合には100万円以上必要になるでしょう。

結婚後にかかってくる費用

必要なお金は、結婚前に必要な分だけではありません。

2人で新生活を始めようと思ったらまとまったお金が必要になります。

家を借りるとしたら、家賃の他に敷金礼金が初期費用として必要です。
家電や調理器具なども新調したくなるでしょう。

新生活に必要になる費用を試算すると次のようになります。

引越し 10万円
敷金礼金 30万円
家具購入 30万円
家電購入 30万円

合わせてざっくり100万円です。

結婚前に貯金しておきたい額は

必要な費用をまとめると、結婚式に150万円、新婚旅行に50万円、新生活に100万円です。

必要な金額は、合計で300万円ほど必要になるということがわかりました。
男性と半分ずつ負担するとすると150万円必要なので、結婚後に貯金を残しておきたいと考える場合には200万円の貯金を用意しましょう。

多くの家庭では、両親からの援助があったり、男性が多めに負担したりするので、200万円の貯金がなくても結婚はできるでしょう。
実際に女性が負担する金額は100万円以下になることが多いでしょう。

しっかりと貯金のできているパートナーとの結婚であれば、あなたに負担をかけることはありません。

結論としては、最低限必要な金額は100万円なので、結婚前に150万円は貯金しておきたいですね。

そんなに貯金がないという人は

結婚式をしないor小さくする

もはや、盛大な結婚式を挙げる時代ではなくなっています。

できるだけ小さな結婚式にしたり、結婚式を挙げなかったりと結婚にかかる費用をミニマムにして、他のことにお金をかけるカップルが増えています。

ウェディングドレスを着たいという女性、着せたいという男性には、写真だけはしっかりと残すのがおすすめです。
(実は、女性にウェディングドレスを着せることを夢見ている男性も多いです。。)

家族だけ呼んで新婚旅行を兼ねて海外で結婚式を挙げたり、できるだけ小さな結婚式に(二次会だけ友人を呼ぶ等)したり賢く節約しましょう。

高い婚約指輪をもらわない

婚約指輪って普段使わないですよね?とびっきりおしゃれをしたいときに箪笥から取り出して付ける程度ですよね。
毎日、夫婦でお揃いで付けているのは結婚指輪です。

結婚指輪の相場は、二つ合わせても20万円程。
結婚指輪は長く使うので、品質の良いものを選びましょう。

宝石類に出費するよりも新婚旅行をワンランクアップさせたりしたいなど、別のところに価値観を感じる場合は高い婚約指輪は不要ですよね。

プロポーズされる前に、それとなく高い婚約指輪はいらないということを伝えておくのです。

新郎にまかせるorその親のお金を当てにする

ハイスぺ男子を捕まえて不自由ない生活を送りましょう。本人もお金を持っていますし、その両親も比較的裕福なはずです。

いままで貯めた貯金はすべて自分のものですし、結婚後も専業主婦として優雅な暮らしを送らせてもらえることでしょう。

ところが、最近は不景気により男性の稼ぎが少なくなってきたことや、女性の社会進出で専業主婦というのも減ってきています。

男女平等に稼いで、家事育児も分担できるのが理想ですよね。

結婚しない

結婚しないからと言って別れるという意味ではありません。

婚姻届けの紙切れ一枚何の意味があるのでしょうか?
2人が愛し合ってさえいれば届け出などは不要のはずです。

多様な生き方が認められる世の中になっています。結婚しないという生き方もありだと思いますよ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です