遠距離恋愛に必要な金額はいくらか試算してみた

こんにちは、シュウマイです。

 

遠距離恋愛って大変ですよね。

なかなか会えないし、気持ちは離れやすいし。
お金はかかるし。

 

そう、遠距離恋愛にはお金がかかるのです。

 

では、実際問題どれくらいのお金がかかるのか気になりませんか?

 

本記事の主な対象者:

遠距離恋愛をしたことがない人
遠距離恋愛を控えている人
遠距離恋愛中の人
遠距離恋愛が続かなかった人

遠距離恋愛に必要な費用

議論を始める前に、どんな費用が必要になってくるのか知る必要があります。

交通費

一番重要なのが交通費ですよね。
愛する二人が一つの場所に集まるには、お金が必要なんです。

 

主な交通手段は速いものから順に、飛行機・新幹線・夜行バスです。

飛行機は速いけれど、金額が高いです。
さらには、本数が少なかったり、天候によっては運航見合わせになったりもします。
何度も会ってるカップルはマイルで旅行に行けるかも!?

新幹線は、本数が多く、定時性に優れています。
乗り心地も快適で、そこまで遠くない遠距離であれば、第一の選択肢でしょう。

夜行バスは安いことだけが取り柄です。
乗り心地が悪く、よく眠れない。睡眠不足では、恋人に会うときに不機嫌になりかねません。
安全性にも疑問が残ります。
夜に出発して朝に着くので、金曜日の終業後すぐに出発して、土曜日の朝から遊べるのは利点です。
うまく利用すれば、宿泊費を浮かせる手段にもなりますね。

 

国内の遠距離恋愛の場合、交通費は5000円~6万円です。

宿泊費

待ちに待った会える日、一日だけで終わりにできますか?
遠距離中は毎回お泊りデートになることでしょう。

高い交通費をかけて来て、日帰りで買えるなんてもったいないと考える方もいるかもしれません。

 

ホテル代は、地域や時期により雲泥の差があります。5000円~2万円と試算します。

飲食費

愛する人と一緒に食事、良いもの食べたいですよね。
5000円/1食・2人くらいでしょうか?

ランチとディナーが必要なので、1日1万くらいです。

 

宿泊をするお泊りデートだとすると、2日分で、2万円となります。

デート費

ホテルに籠っているのもいいですが、せっかくなので遊びに行きたいですよね?
遊園地や水族館など、デートスポットに行くとなると予算を立てなければなりません。

 

デート代も1日当たり、1万円くらいをみておきましょう。

プレゼント費

久しぶりに愛している人に会ったら、プレゼントをあげたくなりませんか?

サプライズプレゼントで1万円くらいの品を用意します。

遠距離恋愛費用総額

上記費用を足し算すると最低で5万円、最高で12万円という結果になりました。

高すぎて遠距離恋愛辞めたいって?いやいや、ちょっと待ってください。
これは2人分の値段ですので、折半するとすると2,5万円~6万円という現実的な値段になります。

 

贅沢しなければ2.5万円以下に収めることも十分可能です。
出費を抑えてたくさん会うのもよし、会える回数は少ないけど会うたびに思いっきり楽しむもよしです。

実際にどれくらいかかるか試算

それでは、遠距離恋愛中のカップルが相手の住む都市まで行ったと仮定していくらかかるか試算してみます。

東京と大阪

新幹線代表は東京と大阪です。
JR東海のドル箱路線、東海道新幹線のターミナル駅です。

東京大阪間の新幹線運賃は、14,450円。
往復で、約3万円です。

 

東京や大阪等の大都市圏で2人で宿泊しようとすると1万円が最低ラインです。

 

食事は、東京のおしゃれなレストランで取り、デートで買い物したり、観光地に行ったりするでしょう。

食費+デート費で3万円を見込みます。

 

合計7万円。
二人で半分にすると3万5千円になりました。

東京と北海道・東京と沖縄

沖縄旅行は、格安プランで往復航空券+宿泊代で4万円~。

これに、現地で使う費用を追加して、6万円ほど用意しましょう。

 

2人で割ったら3万円ですよ。

東京とヨーロッパ

飛行機+宿で20万円。諦めましょう。

 

遠距離恋愛を諦めるか、会いに行くのを諦めるか、貯金を諦めるかの三択です。

 

遠距離恋愛を終わらせるのにかかる費用

最後に、忘れてはならないのが、遠距離恋愛を終わらせるのにかかる費用です。

それは…

結婚資金

もちろん別れという選択肢で遠距離恋愛を終わらせるのであれば、無料です。
しかし、目指すべきところは、結婚ですよね?

結婚前にどの程度貯金しておくべきなのかは、別の記事にしたので見てみてください。

男性が結婚までに貯金しておくべき金額はいくらか



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です