【Twitter】デベロッパーツールを用いて280字でツイートする方法

こんにちは、シュウマイです。

Twitterでは現在、日本語、中国語、韓国語以外の言語で、ツイートの制限を280字まで拡張するテストを実施中です。

日本語のTwitterは140字制限のままですが、あることをすると280字でツイートすることができるようです。

 

 

デベロッパーツールを使用して280字ツイートを実現する

そのある事とは、ブラウザのデベロッパーツールという機能を用いることです。

ブラウザはFirefoxを使用しています。

まずは、普通にツイートする画面で呟きたい内容を入力します。

 

次に、キーボードの「F12」キーを押してデベロッパーツールを立ち上げます。

「インスペクター」タブをクリックして開き、その横の「ページから要素を選択します」をクリックして、ツイートボタンを選択します。

 

ボタンを無効化している部分がハイライトされるので、二か所のdisabledを削除します。

disabledを削除することにより、ツイートボタンが有効になるのでボタンを押します。

ツイートが140字を超えているので怒られますが、無視します。

ネットワークタブを開き、下のほうに「403エラー」が出ているcreateファイルを探します。

この行をクリックすると、右側にヘッダーが表示されるので「編集して再送信」ボタンを押します。

要求ボディ:の一番最後に「&weighted_character_count=true」を付けたします。
(長いので、ENDキーを押して一番後ろまで飛ぶと便利です。)

右上の送信ボタンを押します。

 

以上です。

画面上は何も変わりませんが、Twitterに戻って確認するとツイートが実行されています。

ブログとかのTwitterボタンからだとさらに簡単にできる

リンク共有の画面では、ツイートボタンが無効にならないので、いきなり「F12」→「ネットワーク」タブと進むことができて簡単です。

「403」を選び、「編集して再送信」を選びます。

あとは、最後に「&weighted_character_count=true」を付けたして送信するだけです。

他の方が説明しているやり方はこちら


それでは皆さん。新時代のTwitterを楽しみましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です