梅雨の時期の洗濯ってどうしたらいいの?

こんにちは、空が毎日どんよりとする。じめじめとした季節がすぐそばまで迫ってきました。

雨の日の洗濯って困りますよね?

 

梅雨の時期の対策をまとめました。

 

風乾燥

あなたの家の洗濯機、風乾燥という機能はついていませんか?

 

この機能は通常の全自動洗濯機に付加された機能であり、乾燥機ではないので、完全な乾燥はできません。

しかし、見た目では濡れていることに気が付かないレベルまで、乾燥してくれます。

触って、やっと湿っているかな?とわかるレベルにまで乾燥できます。

 

乱暴な人は風乾燥だけかけて洗濯物をしまってしまう人もいるかもしれません。

 

部屋干し

とはいえ、湿った洋服をクローゼットに入れたい人は多くないはずです。

そんな人は、風乾燥+部屋干しをするのが通常の流れです。

 

部屋干しをするとにおいが気になる?

 

部屋干し用の洗剤・柔軟剤を使用すれば、嫌なにおいがすることはありません。

 

上述の通り、風乾燥をすれば、ほぼ乾いていますので、部屋干しも気にならないでしょう。

 

外に干す

 

洗濯物は、外に出すという信念がある人は、雨だろうが雪だろうが、外に干しましょう。

 

雨のあたらない屋根があるところに干せば、ある程度は乾くはずです。

 

ある程度乾いたら、そのままタンスにしまうなり、部屋干しにするなりさらに乾かすと良いです。

 

めんどくさい場合は、雨が上がるまで、そのまま干し続けてしまえばよいのです。

 

乾燥機

 

良識のあるあなたは、乾燥機を使いましょう。

 

熱風で乾燥させますので、電気代がかかるのと、生地が傷む場合があるのが玉に瑕でしょう。

 

しかし、からっからに乾きますので、じめじめが嫌いなあなたからストレスを開放してくれます。

 

乾燥機を使う場合の注意点は、濡れたまま干すのとは違って、くしゃくしゃのまま乾燥されてしまうので、あとからアイロンをかける必要があることです

ノンアイロンのシャツだろうと関係ありません。

しわが付いてしまったら、そのまま会社に行くわけにはいかないので、アイロンをかけることが必要です。

 

晴れる日まで待つ

洋服をたくさん持っているそこの君は、この案を採用してください。

ミニマリストの人は同じ服を二度三度使ってから洗濯してください。

 

一週間分や二週間分の洗濯物を一気に洗濯してしまいましょう。

 

洗濯機を二回回すことになるかもしれませんが、晴れの日の洗濯に勝るものはありません。

 

水や電気代・洗剤の節約になりますし、何より選択の回数が少なくて済むので、労力の節約になります。

 

洗濯物を干すスペースが足りるといいんですが・・・

 

まとめ

案の定、雨の日に洗濯をするのは難しいということがわかりました。

晴れる日を見計らってまとめて洗濯をするのがいいと思います。

 

それでも雨の日が続いて、選択をしなければいけない時は、乾燥機を使ってください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です