ふるさと納税の仕組みと上限額の詳細計算方法をわかりやすく解説

そろそろ、年末。年末調&確定申告の時期ですね。

ということはつまりふるさと納税の季節でもあるわけです。

ふるさと納税について、備忘録的に上限額をまとめておきます。

シュウマイ

税金のことは、ややこしいんじゃ!

彼女

しっかり調べなさい!

そもそもふるさと納税とは?

ふるさとで生まれた納税者が都会へ就職してしまい、ふるさとの税収が下がっている現状を改善するため、2008年から始まりました。

ふるさと納税額のうち2000円を超える部分が所得税および住民税から控除されるので、実質2000円の手数料で納税先をふるさとに変更できるという制度です。

ふるさと納税の歴史

ところが、ふるさと納税をした納税者に対して返礼品と呼ばれるお礼の品を送り始めた自治体が現れ始めました。

それから、返礼品競争は激化し、返礼品は地域の特産品だけではなく、金券や家電製品などまで多種多様に広がり、納税額の半額以上が帰ってくることも珍しくなくなりました。

このような現状は、ふるさと納税の理念とは離れてしまっているので、総務省から行政指導が入り、高額な返礼品を控える自治体が多くなりつつあります。法改正も議論されているため、返礼品目的でのふるさと納税は早めに行う必要があります。

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税額から2000円が引かれた額が控除されることはわかりやすいのですが、控除額の内訳がどうなっているのか、ふるさと納税の上限額はいくらなのか、どのように控除申請するのかといった複雑なことを解説します。

ふるさと納税の控除は以下の3つから成り立っています。

  1. 所得税からの控除
  2. 住民税からの控除(基本分)
  3. 住民税からの控除(特例分)

そもそもふるさと納税は寄附金税制の一種であり、国に対する寄附金や特定の公益事業を行う法人、NPO法人や政党等に対する寄附金と同等に扱われています。

このうち、個人住民税控除に関する税額控除を受けられるのは、都道府県・市区町村に対する寄附金(ふるさと納税)、住所地の都道府県共同募金会・日本赤十字社支部に対する寄附金、都道府県・市区町村が条例で指定する寄附金です。

個人住民税にたいする税額控除のうちふるさと納税のみ特例として適用されるのが、住民税からの控除(特例分)です。

したがって、ふるさと納税以外の寄附を行なっている方は、ふるさと納税の上限額が下がってしまうので注意してください。

ふるさと納税の上限額を決める3つの計算式

ふるさと納税は以下の計算式で上限額が決められます。

$$控除限度額=\frac{     個人住民税所得割額\times20%     }{100%-住民税基本分10%-所得税率}+負担金2000円$$

所得税率には復興特別所得税率(所得税率×1.021%)を加えた率を用います。

少し複雑なので、一つずつ詳細に見ていきましょう。

所得税額控除計算式と上限

所得税からの控除は以下の計算式を使います。

$$(ふるさと納税額-2000円)\times所得税率$$

所得税に関わる上限額は総所得金額等の40%です。

総所得金額等(給与収入から給与所得控除を差し引いた額)は源泉徴収票の給与所得控除後の金額欄で確認ができます。

住民税控除(基本分)計算式と上限

住民税からの控除(基本分)は以下の計算式を使います。

$$(ふるさと納税額-2000円)\times10%$$

住民税からの控除(基本分)に関わる上限額は総所得金額等の30%です。

参考になるのは昨年の市県民税特別徴収税額の通知書です。

住民税特別控除(特例分)計算式と上限

所得税からの控除(特例分)は以下の計算式を使います。

$$(ふるさと納税額-2000円)\times(100%-10%-所得税率)$$

住民税からの控除(特例分)が住民税所得割額の2割を超えてしまう場合は住民税所得割額の2割が特例分となり、以下の計算式になります。

$$住民税所得割額\times20%$$

この場合、実質負担額が2000円を超えてしまうので注意が必要です。

ふるさと納税の上限額を決める計算式

上記のうち、ふるさと納税のみに適用される特例控除が、住民税からの控除(特例分)であり、ふるさと納税の特徴(本質)です。

一般的にその他の控除額より厳しい上限額になっているので、ここを押さえておけばふるさと納税の上限額がわかるわけです。

特例分における計算式をわかりやすく書き換えると上限額の計算式が導き出せます。

ふるさと納税の上限額計算式
$$控除限度額=\frac{     個人住民税所得割額\times20%     }{100%-住民税基本分10%-所得税率}+負担金2000円$$

ワンストップ特例で住民税から一括控除

上述のように、ふるさと納税では、控除分が3つに分かれています。

  1. 所得税からの控除
  2. 住民税からの控除(基本分)
  3. 住民税からの控除(特例分)

このうち、所得税からの分も住民税から一括で控除できるようにする制度がワンストップ特例制度です。

2015年からワンストップ特例が始まり、確定申告が不要になったことにより、ふるさと納税が一気に広まりました。

ワンストップ特例の申請方法

ワンストップ特例は確定申告をしなくても、ふるさと納税分を税額控除できる制度です。

実際に以下のような簡単な流れで、ワンストップ特例を申請できました。

  1. ふるさと納税する。
  2. 納税した地域から送られてくる申告書の内容に間違いがないか確認する。
  3. 個人番号を記入する。
  4. ハンコを押す。
  5. 個人番号と本人確認ができる書類を同封して返送する。

ワンストップ特例の申請書は翌年の1月10日必着なので、返送期日には注意してください。

ワンストップ特例(申告特例控除)の計算式と上限

ワンストップ特例では所得税からの控除分を住民税から控除するため、以下の計算式を用います。

$$特例控除額\times所得税率$$

あるいは以下のように表現できます。

$$(ふるさと納税額-2000円)\times(100%-10%-所得税率)\times所得税率$$

ワンストップ特例に関する上限額は定められていませんが、特例控除額が住民税所得割の2割と決まっているので、ワンストップ特例でも上限が決まりますね。

ワンストップ特例の注意点

ワンストップ特例が使える人には2つの条件があります。この条件をクリアしている人はワンストップ特例が使えますので、確定申告をする必要なく、簡単な申請書だけで翌年の住民税が減額されます。

  1. 確定申告をする必要のない人
  2. ふるさと納税先の自治体数が5つ以下の人

また、注意点としてワンストップ特例では住民税の特例控除額が基準となりますので、うっかり限度額を超えてしまった場合、本来所得税からは控除はずの超過分が控除されなくなります。

ただし、住宅ローン控除などを使っていて所得税からの控除が上限まで行ってしまった場合などワンストップ特例を使ったほうがお得になる場合もあるので、よく検討が必要です。

【ポイント還元有り】オススメふるさと納税サイト

ふるさと納税は返礼品だけではなく、納税時のポイント等の還元も実は結構もらえます。

2000円分以上もらえば、自己負担金も実質0になりますから、全くデメリットなくふるさと納税することができます

さとふるふるなびといったふるさと納税専門サイトではAmazonギフト券10%還元キャンペーンをやっています。10000円の寄付でも1000円分のギフト券が帰ってくることになります。

楽天ふるさと納税では、普段の楽天での買い物と同様に1つのショップとしてカウントされるので、楽天お買い回りマラソンなどで最大20%還元も可能です。楽天経済圏愛用者は楽天ふるさと納税一択でしょう。

ふるさと納税上限額早見表

ふるさと納税を行う方本人の給与収入 ふるさと納税を行う方の家族構成
独身又は共働き 夫婦 共働き+子1人(高校生) 共働き+子1人(大学生) 夫婦+子1人(高校生) 共働き+子2人(大学生と高校生) 夫婦+子2人(大学生と高校生)
300万円 28,000 19,000 19,000 15,000 11,000 7,000
325万円 31,000 23,000 23,000 18,000 14,000 10,000 3,000
350万円 34,000 26,000 26,000 22,000 18,000 13,000 5,000
375万円 38,000 29,000 29,000 25,000 21,000 17,000 8,000
400万円 42,000 33,000 33,000 29,000 25,000 21,000 12,000
425万円 45,000 37,000 37,000 33,000 29,000 24,000 16,000
450万円 52,000 41,000 41,000 37,000 33,000 28,000 20,000
475万円 56,000 45,000 45,000 40,000 36,000 32,000 24,000
500万円 61,000 49,000 49,000 44,000 40,000 36,000 28,000
525万円 65,000 56,000 56,000 49,000 44,000 40,000 31,000
550万円 69,000 60,000 60,000 57,000 48,000 44,000 35,000
575万円 73,000 64,000 64,000 61,000 56,000 48,000 39,000
600万円 77,000 69,000 69,000 66,000 60,000 57,000 43,000
625万円 81,000 73,000 73,000 70,000 64,000 61,000 48,000
650万円 97,000 77,000 77,000 74,000 68,000 65,000 53,000
675万円 102,000 81,000 81,000 78,000 73,000 70,000 62,000
700万円 108,000 86,000 86,000 83,000 78,000 75,000 66,000
725万円 113,000 104,000 104,000 88,000 82,000 79,000 71,000
750万円 118,000 109,000 109,000 106,000 87,000 84,000 76,000
775万円 124,000 114,000 114,000 111,000 105,000 89,000 80,000
800万円 129,000 120,000 120,000 116,000 110,000 107,000 85,000
825万円 135,000 125,000 125,000 122,000 116,000 112,000 90,000
850万円 140,000 131,000 131,000 127,000 121,000 118,000 108,000
875万円 145,000 136,000 136,000 132,000 126,000 123,000 113,000
900万円 151,000 141,000 141,000 138,000 132,000 128,000 119,000
925万円 157,000 148,000 148,000 144,000 138,000 135,000 125,000
950万円 163,000 154,000 154,000 150,000 144,000 141,000 131,000
975万円 170,000 160,000 160,000 157,000 151,000 147,000 138,000
1000万円 176,000 166,000 166,000 163,000 157,000 153,000 144,000
1100万円 213,000 194,000 194,000 191,000 185,000 181,000 172,000
1200万円 242,000 239,000 232,000 229,000 229,000 219,000 206,000
1300万円 271,000 271,000 261,000 258,000 261,000 248,000 248,000
1400万円 355,000 355,000 343,000 339,000 343,000 277,000 277,000
1500万円 389,000 389,000 377,000 373,000 377,000 361,000 361,000
1600万円 424,000 424,000 412,000 408,000 412,000 396,000 396,000
1700万円 458,000 458,000 446,000 442,000 446,000 430,000 430,000
1800万円 493,000 493,000 481,000 477,000 481,000 465,000 465,000
1900万円 528,000 528,000 516,000 512,000 516,000 500,000 500,000
2000万円 564,000 564,000 552,000 548,000 552,000 536,000 536,000
2100万円 599,000 599,000 587,000 583,000 587,000 571,000 571,000
2200万円 635,000 635,000 623,000 619,000 623,000 607,000 607,000
2300万円 767,000 767,000 754,000 749,000 754,000 642,000 642,000
2400万円 808,000 808,000 795,000 790,000 795,000 776,000 776,000
2500万円 849,000 849,000 835,000 830,000 835,000 817,000 817,000

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です