月収手取り15万円での一人暮らし生活は”健康で文化的な最低限度の生活”か?

「最近の若者は甘えてる」

そんな声が、年配の方からよく聞こえてくる時代になりました。

これに対し、手取り15万円の月収で生活している若者は全く甘えていないという意見があるようです。

実際に月収15万円で生活できるのかどうかシミュレーションしてみたいと思います。

生活保護世帯の生活を、健康で文化的な最低限度の生活の判定基準とします。

生活に必要な支出一覧

家賃

毎月決まって支出しなければいけないお金の中で一番のウェイトを占めるのが家賃です。

東京23区では一人世帯の場合、住宅扶助として40,900円~53,700円が支給されます。

家賃は毎月約5万円かかることがわかります。

食費

1人分の食費は毎月2万円~3万円でしょう。

食事を切り詰めすぎると身体に不調が出てしまうかもしれません。

毎日の食事の楽しみがあるだけでも、生活の豊かさがだいぶ変わってきますよね。

食費はとしては、3万円を見込みます。贅沢はできないですけどね。

光熱費・通信費

電気、水道、ガスすべて合わせて1万円。通信費もすべて合わせて1万円におさめたいところです。

光熱費と通信費を合わせて月々2万円の固定費とします。

1人暮らしに必要な固定費

1人暮らしに必要な固定費合計は家賃5万円・食費3万円・光熱費+通信費2万円を合わせて10万円です。

残り5万円…

この中から、遊びにデートに若い頃にしたいことはたくさんありますよね。

貯金もしないといけないでしょう。

でも日々の消耗品や会社の飲み会など、まだまだ支出はあるので、5万円全部は使えません。

固定費以外に毎月かかるお金

固定費として毎月10万円かかるという試算が出ましたね。

次は、変動費を見ていきましょう。

交際費

会社の飲み会や知人との外食。月に2回くらいはあるかもしれません。

5000円/回で1万円の予算が必要ですね。

雑費

日用品費として5000円を上げておきますが、一人暮らしでは石鹸・洗剤類はほとんど減りません。

大容量パックで購入すればお買い得ですし、年に何回も購入するものではないでしょう。

家に残りの洗剤がたくさんあると、ついつい一回に使う量が多くなりすぎてしまうので、注意が必要です。

その他雑費として5000円かかるとして、雑費の項目では1万円が必要であると仮定します。

趣味

趣味にお金を使うこともあるでしょう。

日々の楽しみがないと生きていくのがつらいですからね。

1万円は好きなことに使うお金としましょう。

1人暮らしに必要な変動費

交際費・雑費・趣味にかかる費用を合わせて3万円必要です。

固定費と変動費を合わせて毎月13万円の支出となることがわかりました。

貯金

残金は貯金です。毎月2万円貯金できることがわかりました。

貯金を貯めて家電を買ったり、旅行に行くこともできるかもしれませんね。

手取り15万円で生活できる?

東京都では生活扶助費として約8万円もらうことができます。

住宅扶助と合算すると13万円です。今回の試算ぴったりの金額ですね。

生活保護というのは、よくできた制度なんですね。

これと比較し、月収15万円あれば、月々2万円の貯金もできるため、”健康で文化的な最低限度の生活”は保たれると考えていいでしょう。

 

 

 

 

忘れていませんか?生活保護受給者は医療費無料です。

月収15万円の生活で病院に通うことになってしまったら生活が厳しくなっていまいそうですよね?

年配の方からは「体調管理がなってない」との声が聞こえてきそうですが、病気や怪我は自分でコントロールできるものではありません。

そう考えると手取り15万円ではすこし生活が厳しいですね。

それでも「最近の若者は甘えている」のです。

いつの時代も年配者から「最近の若者は~」という評価はなくならないような気がします。

シュウマイ

若者は頑張っていると私は思うのです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です