スプラトゥーン2のガチマッチでウデマエをSにするためのコツ

皆さんこんにちは、シュウマイです。
スプラトゥーン2発売からもうすぐ一か月ですね。

 

ウデマエSに到達したので、皆さんにコツをシェアしたいと思います。

ガチマッチのルールを再確認しよう

ガチマッチは普通のバトルでは満足できないイカれたやつらが集まるエクストリームなバトルだ!

ナワバリバトルでランクを10まで上げたイカ達がウデマエを競いにやってくるということですね。

ウデマエはC-から始まってS+50が最高です。

ウデマエ

ウデマエはガチマッチのルールごとにあります。

バトルに勝利するとそのルールのウデマエメーターが上昇しますが、敗北するとウデマエメーターにひびが入ってしまいます。

ひびが3つまでの間にウデマエメーターを満タンにすることができれば、ウデマエアップします。

4つめのひびが入ってしまったときに、メーターが中央の線を超えていたら「ウデマエキープ」、超えていないと「ウデマエダウン」となってしまいます。

中央の線を超えるとOK!マークが出るので、ひと目でわかります。

ガチパワー

試合開始に8人の推定ガチパワーが表示されますよね?

ガチパワーは、ウデマエよりももっと細かい単位での実力を推定する値です。

同じウデマエでも対戦ごとに推定ガチパワーは異なり、8人の推定ガチパワーが高いほど実力者が集まっている対戦ということになります。

ウデマエメータの増える量は、対戦相手のガチパワーが高いほど多いです。

ウデマエの飛び級

特に実力があると認められた場合は、ウデマエメーターが満タンになったときに一気に2つ以上ウデマエが昇格することもあるぞ!

ウデマエには飛び級という制度があります。

特に優れた成績を収め、ガチパワーが高くなると飛び級するようです。

勝率が良かったり、キル数が多かったりしても飛び級するとは限らないので、判定基準は不明です。

ガチエリア

ルール

ステージ中央に配置されたガチエリアを一定時間確保したチームが勝利します。

画面上部のエリアの確保状況表示を見ることによって、どれぐらい塗られているか知ることができます。

ステージ内のガチエリアをすべて確保すると「カウント」が減っていきます。

カウントを0にすることができれば、ノックアウト勝利となります。

コツ

相手が守っているガチエリアを1人で取り返すのは難しいぞ。仲間と息を合わせるのが重要だ!逆に自分たちが確保しているときは、相手の足並みを崩していくのが大事だぞ。

スプラトゥーンは4対4で戦うゲームです。1人のプレーヤが2人同時に相手にしたら勝てるはずがありません。
エリアを確保されていたとしても、相手が2人以上いる場合は攻め込まずに我慢して仲間が来るのを待ちましょう。

エリアを確保したとは、エリアの周りをしっかしと塗りましょう。
スプラトゥーンでは、足場の広さが勝敗を分けます。塗りを怠らないでください。

ガチヤグラ

ルール

ステージ中央に配置されたガチヤグラを相手陣地のゴールまで運んだチームの勝利です。

ゴールまでの道の途中には「カンモン」が配置されています。

カンモンの耐久値が0になるまでヤグラを確保することでカンモンを突破することができます。

一度突破したカンモンは次からは素通りできますが、突破できなかった場合は耐久値が少しずつ回復してしまいます。

コツ

運ぶ途中で相手に取り返されたり、一定時間経過さするとヤグラは中央に戻っていくぞ。

敵に攻められた時は、一瞬だけ乗ることでヤグラを中央に返しましょう。

カンモンを突破されないことが重要です。
カンモン周りには防御側有利の場所があることが多いです。
カンモンまで引き付けてから、一気に倒すことができると良いでしょう。

逆に攻めの時にはカンモンを突破することを意識しましょう。
一度カンモンを通過することができれば、次からは素通りできますが、カンモンでやられてしまうと、カンモンの耐久値が回復してしまいます。

相手のイカはヤグラに夢中になっています、うまく後ろや横から奇襲を仕掛けると一方的に倒すことができます。

ガチホコバトル

ルール

ガチホコを持って相手陣地のゴールまで運んだチームの勝利となります。

ガチホコはバリアで守られているので割ってから取る必要があります。

バリアが割れてから一定時間が経過すると、ホコが点滅した後に中央に戻ります。

ガチホコは重いので通常のブキやスーパージャンプは使えません。

ガチホコを持っていられる時間には制限がありカウントが0になると自爆してしまいます。

自陣側で飛び降り自殺をするとガチホコは中央に戻ります。

コツ

ガチホコ運搬ルートはどのステージにも3つはあります。

まずはステージを散歩し、運搬ルートを見つけましょう。

通常ルート、裏取りルート、最短ルートなどいくつか見つけておくと敵の少ないほうへガチホコを運ぶことができます。
地に足がついていない時(インクレールに乗っている時を含む)にガチホコを失うと、最後に足を離したところにガチホコが復活するのは覚えておくと良いでしょう。

ガチホコバトルもガチヤグラ同様にガチホコに注目が集まりますので、後ろや横からの奇襲を仕掛けることでキルを取ることができます。

全ルールに共通するコツ

試し撃ちで練習をする

新しいブキを使う前には、試し撃ちをする人が多いと思います。

しかし、ひたすら試し撃ちで練習をする人は少ないです。

自分が使いたいメインブキを決めたら、瞬時にエイムを合わせられるようになるまで試し撃ちで練習しましょう。

固定の敵、動く敵どちらも倒せるようになったらガチマッチに行きましょう。

 

感度合わせも忘れずに。面倒くさいですが最重要です。

無理なスーパージャンプはしない

最前線にジャンプするといわゆる「着地狩り」をされてしまいます。

受け身術やマニューバーで着地狩りを回避できる場合を除きジャンプはしないようにしましょう。

危ないと思ったらすぐ逃げる

敵に先に攻撃を当てられてしまった場合は、残念ながら勝ち目は薄いです。
生き残ることを最優先に考え、引くようにしましょう。

先に攻撃を当てていたとしても、逃げられてしまった場合は、無理に深追いしないほうが良いです。

裏取りをする

いつも、前から突っ込んんでいくだけではいつまでたってもうまくなれません。
圧倒的なエイム力があれば、それでもSにたどり着くことはできるでしょうが、S+を目指すのであれば、うまい立ち回りを覚えましょう。

一番簡単なのは、裏を取ることです。

初めのうちは、裏を取ったのに倒されるなんてこともあるかもしれませんが、すぐに相手を倒せるようになります。
うまく裏取りが決まると、2人や3人倒せるときもあり、とっても気持ちがいいですよ。

足並みをそろえる

攻めるタイミング・守るタイミングは仲間と合わせましょう。

自分より敵の人数が多い状況で突っ込んでも勝ち目は薄いです。

相手は一人ずつ処理するようにし、できるようであれば、敵味方が同じ人数になるタイミングで攻撃を仕掛けるとうまくいくことが多くなります。

積極的にエリア・ヤグラ・ホコに絡む

カウントを進めているときは、1カウントでも多く進めることが重要です。
積極的に目標に絡み、1カウントでも多く進めるようにしましょう。

もうすぐゴールというときに裏取りに行ってる人がいて3対4で戦うことになったら悲しいですよね?

攻め時、裏取り時、守り時と見極める力を付けましょう。

 

では、みなさんS+を目指して頑張りましょう。

ぬりたく~る…テンタクル!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です