1人暮らしのワンルームでプロジェクターは使えるか?

こんにちは、シュウマイです。

1人暮らしのワンルームに住んでいる方で、プロジェクターの購入を検討されている方って結構多いと思います。

そんな方のために、この記事では、ワンルームでプロジェクターを導入してみた結果をメモしたいと思います。

LESHPのプロジェクターを購入

今回私が購入したのはこちらのプロジェクターです。

Amazonで約2万円のプロジェクターの中でも、特にコスパがよさそうなので購入しました。

詳しくは、こちらの記事で紹介しています↓

【Amazon】『LESHP』のハーフHDプロジェクターレビュー

実際に使ってみると、解像度も明るさも十分に高く満足できました。

ワンルームの間取り

1人暮らしだと間取りなんてどこも変わらず、大体こんな感じですよね。

横幅が大体3メートル。玄関まで目一杯に使えば縦幅が6メートルと言ったところでしょう。

1人暮らしでない方も、一般的な6畳の部屋は約3.15m×3.15mなので同じような環境になると思います。

では、短辺側にプロジェクターを置いた時のことを考えてみましょう。
(長く使おうとすると、通路に置かなくてはならず、出し入れが面倒なので)

例えばこんな部屋、冷蔵庫の上にプロジェクタをおいてベッド側の壁に投影すると良く見えそうですね。
(壁に模様がついていますが、白いと仮定して下さい。)

横幅3メートルをぎりぎりいっぱいに使って投影するとこのようになります。

(ガッキーかわいい)

75インチ(1660mm×934mm)スクリーンの出来上がりです。

ワンルームの横使いだと75インチが限界です。
(L字コネクタを利用して壁ギリギリ使えば80インチが見えてきますが、そこまでするくらいなら部屋を縦に使って100インチを目指しましょう。)

自室をシアターにするにあたって必要だったもの

プロジェクター

必須です。Amazonで買ってください。

 

スピーカー

プロジェクターにスピーカーが内蔵されているので基本的には不要ですが、音質を求める方には必須です。

HDMI延長コネクタ

パソコンとプロジェクターはHDMIでつなぐことになると思います。

置き場所によっては、長いHDMIケーブル、またはHDMI同士をつなぐ延長コネクタが必要になるでしょう。

オーディオケーブル延長コード

スピーカーのオーディオケーブルって短いんです。

広い部屋で前から音を聞きたい場合にはパソコンからスピーカーまでの間にオーディオケーブルをひいてやらなければいけません。

ちなみに100均一でも売ってます。

コンセント延長コード

スピーカーの位置、プロジェクターの位置にこだわるならば、必須でしょう。

スクリーン

スクリーンは、個人的には不要だと思います。

白い壁があればかなりきれいに映ります。

壁に模様のあるかたや、壁紙の凹凸や電気のスイッチが気になる方、間取り上窓側に投影しなければいけない方は購入しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です