「借りぐらしのアリエッティ」見どころ全力レビュー

借りぐらしのアリエッティは2010年に上映されたジブリ作品です。

メアリー・ノートンのファンタジー小説『床下の小人たち』という作品が原作です。

 

amazonで1円から売っていますので、気になる方はどうぞ。

 

 

 

借りぐらしのアリエッティは、2008年の崖の上のポニョ、2011年のコクリコ坂からが前後に公開されたジブリ作品です。

 

 

92.5億円の興行収入ということで、風立ちぬ(120億円)、ゲド戦記(76.5億円)と同程の売り上げの作品となりました。

 

まずは、簡単にストーリーをご紹介します。

ストーリー

古い家の軒下に暮らす小人の少女、アリエッティ。

彼女たち小人は暮らしに必要なものは、その家に住んでいる人間から”借り”て生活をしています。

アリエッティは14歳の好奇心旺盛な性格。

アリエッティ達家族3人は、人間に見つからない様に、目立たない様に

細心の注意を払って生活していました。

ところがある日、引っ越しをしてきた少年・翔に偶然姿を見られてしましました。

そこから、アリエッティ家族が様々なことに巻き込まれていきます。

 

豪華声優陣

・アリエッティ 志田未来

・翔 神木龍之介

・ホミリー(アリエッティの母) 大竹しのぶ

・ポッド(アリエッティの父)  三浦友和

・スピラー(小人の少年) 藤原竜也

 

 

志田未来と神木隆之介、この二人は探偵学園Qというドラマで共演していましたね。

神木隆之介といえば、「君の名は。」で瀧くんを演じていました。

 

見どころ

この映画のポイントは小人・アリエッティと人間・翔とが友情関係を築いていくところにあります。

アリエッティ家族と人間家族が対立する中、アリエッティと翔がお互いに分かりあうことができるのかどうかが焦点です。

 

私が見どころと感じたポイントは、アリエッティ父の名言「挑まなくていい危険というものもある」です。

好奇心旺盛なアリエッティに対し、父が諭すように言い渡すシーンです。

 

音楽

 

 

 

 

この作品は、音楽の使い方が良いと感じました。

主題歌は、Cécile Corbel(セシル・コルベル)さんです。

 

Arrietty’s song という曲が悲しい感じもある曲なのですが、映画にマッチして流れてくるのです。

 

ストーリー全体が暗いというわけではありませんよ。

 

むしろ、絵は綺麗で明るいのです。

 

そのギャップのおかげか、見てて悲しくなりすぎず、すっきりと見終わることができました。

 

 

ストーリー(ネタバレ)

彼女が初めての”借り”を夜に控えたある日、人間の少年・が引っ越しをしてきます。『人間に見られてはいけない。』が掟のはずのアリエッティは、この時姿を見られてしまいます。その夜の借りで翔に見つかり、母親に借りてくるようにを頼まれていた角砂糖をうっかり取り落としてしまいます。

翔は、アリエッティが角砂糖を取れるように、「わすれもの」と書いた紙きれとともに軒下に置きます。しかし、アリエッティの父ポッドは「角砂糖に触れてはいけない」と言います。

父の忠告に反し、アリエッティは独断で翔に会いに行き、家族の安全のため、アリエッティ家族と関わらないよう頼みます。この時、アリエッティに気を取られたカラスが網戸に突っ込み騒動となり、この騒動で家政婦のハルは翔を怪しむようになります。

その夜、翔は寝室にあるドールハウスは翔の曽祖父小人達への贈り物として造らせた物だが、四代に渡って小人に渡すことができなかったことを知ります。一方引越し先を探しに行っていたポッドが足に怪我をし、小人の少年スピラーの助けにより帰ってきます。

別れを告げるため、庭で休む翔の前に現れたアリエッティ。そんな彼女に憎まれ口を叩いてしまう翔ですが、良かれと思ってした自分の行動が、彼女を引越へと導いてしまったことを謝罪します。翔は心臓の病で手術を受ける予定だと告げ、うまくいかないかもしれないと話しました。その時、翔の動向を窺っていたハルはついに小人の住処を発見し、アリエッティの母・ホミリーを小人の家から引っ張り上げ、瓶の中に閉じ込めてしまします。さらには、部屋に戻った翔を閉じ込て、ネズミ駆除業者「チュウクリーンサービス」呼びます。

翔の部屋に現れたアリエッティはホミリーがいなくなったことを告げました。翔はアリエッティ共にホミリーを探すことを提案し、部屋から脱出します。2人はハルに見つからないように、台所でホミリーを救出することに成功しました。

その日の夜、アリエッティと両親はスピラーとの待ち合わせ場所である川へ向かいます。明け方、翔が飼い猫のニーヤについていくと、そこにはアリエッティが別れを告げるために現れました。そしてアリエッティは、手術の成功を祈り、翔に自分の髪留めをプレゼントして、引っ越し先へと向かいます。

 

まとめ

 

 

後悔から7年の時を経て、初めて見ましたが、とても良い作品です。

公開当時に見ることができなかったのが悔やまれます。

 

皆さんも、金曜ロードショーやDVDレンタルでぜひ見てくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です