【予算2万円】AmazonのハーフHDプロジェクター5種類徹底比較

皆さんこんにちは、シュウマイです。

プロジェクターって皆さんご存知ですよね?
ホームシアターで映画を投影したり、会社の会議で資料を移したりする機械です。

プロジェクターは、機能(画質)によって大きく3つの価格帯に分類することができます。

  • 1万円程度のSD画質機
  • 2万円程度のハーフHD画質機
  • 5万円以上のフルHD画質機

ここでは、コスパ最強のハーフHD画質機をまとめました。

なぜハーフHD画質機か

プロジェクターを探し始めた時に、初めは1万円程度で購入できればいいなと探し始めました。

ところが、そこそこ良さそうなものを買おうとすると、1万5千円程度かかっていまします。
そんなときに、2万円でHD画質(ハーフですが)が手に入るということに気が付きました。

SD画質(プロジェクターでは、800*480)とハーフHD画質(プロジェクターでは、1280*800)がどの程度違うのかというと、Youtubeの480pと720pの違いです。
DVDやPS2はSD画質でした。昔のゲームや映画がHDリマスター版として販売されることがありますが、これがHD画質です。

つまり、1万円のSD画質のプロジェクターを使うと、一昔前の映像を大画面に引き伸ばしてみることになります。
一方で、ハーフHD画質以上のプロジェクターであれば、ブルーレイディスクの映像でも最新ゲームでもその能力を余すことなく大画面に投影できるということです。

1080pや1920*1080と書いてある2万円前後のプロジェクターを見かけることがありますが、1080pの入力が可能なだけであり、プロジェクターの物理解像度は、1280*800または1280*768ですので、注意してください。

WIMIUS

物理解像度:1280*800
入力解像度:1080pまで対応
コントラスト:2000:1
明るさ:3200ルーメン
投写サイズ:60-150インチ
アスペクト比:4:3/16:9 Native
台形歪み補正:手動補正±15°
LEDライト寿命:20,000時間
サイズ:302.5(長さ)*103.8(高さ)*221.5(幅)mm
重さ:2.2KG
電源:AC100-220V 50Hz/60Hz
入力インターフェース:HDMI*2、USB*2、VGA 、AV、Y/Pb/Pr

スペック上では、他の機種に劣ります。

特に、LED寿命が短いのが気がかりです。
2万時間あれば、十分だとは思いますが(笑)

アクションカメラのメーカーとして知名度が高いです。

HDMIのケーブルが付属しているのですぐに映像を映し出すことができます。

LESHP

機能と明るさは十分なLESHPのプロジェクター、特徴的なのはそのコントラストです。

他の機種が2000:1もしくは1000:1なのに対し、LESHPは3000:1です。

コントラスト比が大きいと、色がしっかりと出ます。
安いプロジェクターだと、黒がしっかり出ないという不満も多いですが、3000:1のコントラストがあれば、しっかりと明暗の差がわかります。

大画面で見たい方には、200inchまで映写可能なのでこのプロジェクターがおすすめです。
LEDも5万時間使えるので、全く不安がありません。

詳しいレビューはこちらの記事をどうぞ。

【Amazon】『LESHP』のハーフHDプロジェクターレビュー

2017.07.21
解像度:1280*768、HD1080Pサポート
明るさ:3000ルーメン
投写サイズ:26〜120インチ
投写距離:1M〜6M
コントラスト:1000:1
アスペクト比:4:3/16:9
キーストーン補正:縦±12°
LEDライト寿命:30,000時間
サイズ:345*235*105mm
電源:AC50/60Hz 110~240V

近距離で見たい方・部屋が狭い方は、RAGUのプロジェクターを選びましょう。
26inch(映写距離1m)からと、近くでの投写に向いています。

ただし、コントラストが低いので、明暗の差が見分けづらいかもしれません。
例えば、ホラー映画など暗いシーンで良く見えないといった可能性もあります。

特徴は、1280*768と横幅が少し狭いことです。
1280*800でも1280*768でも問題なく映像は映ります。

ELEPHAS

投影比:1.4 : 1
明るさ:3300lm
投射推奨距離:1~5m
コントラスト:2000:1
アスペクト比:4:3/16:9
使用寿命:約50000時間
投射サイズ:33~180inch
イメージング技術:TFT LCD
サポート解像度:1920 * 1080P
ネイティブ解像度:1280x800pixels
投影方法:フロント/リア/天吊り対応可能
画像: JPG/JPEG/BMP/GIF/PNG/GIF など
オーディオファイル:MP3/WMA/AAC/M4A
動画ファイル:MPG/AV/TS/MOV/MKV/DAT/MP4/VOB
入力インターフェイス:HDMI x2 /USB x 2/AV/VGA/電源入力(20V-2A)
出力インターフェイス:オーディオ出力、3.5mmコネクター(ヘッドフォン
やスピーカーを接続できます)、USB 5V-2A(スマホ、タブレットに充電)

半円状のデザインが特徴的なELEPHASのプロジェクターです。

スペックを見ても最強かもしれません。明るさ、投写サイズ、コントラストと文句なしの機能です。

この価格帯のプロジェクターの中では、Amazonの売り上げ1位です。

特にこだわりがなければ、このプロジェクターを買うと良いでしょう。
出力用のUSBが付いていてスマホに充電できるという面白い機能もついていますね。

ExquizOn CL760

ELEPHASのプロジェクタと同様に、3300ルーメンの明るさがあり、昼間でもカーテンを閉めれば視聴可能です。
形状も半円形をしており、似たようなデザインとなっています。

最大の特徴は、画面サイズで260インチまでの投影が可能です!
(推奨は150インチまで)

iPhoneやandroidからの投影に対応しているのもうれしいポイント。
今後、売上1位・2位を争う期待大です。

まとめ

プロジェクターを買うと、生活の充実度が一気に上がります。

最新映画から懐かしの映画まで、自宅で大画面で見ることができるのは、想像以上に楽しいものです。
テレビやパソコンで見るのとは、満足度が違います。

映画だけではなく、ドラマを見てもいいしアニメを見てもいい。
騙されたと思って、買ってみてほしい。

機能はLESHPとELEPHAS・ExquizOnがいい勝負でしたが、どれも似たり寄ったりなので、値段とデザインで気に入ったものを購入すると良いでしょう。

1人暮らしのワンルームでプロジェクターは使えるか?

2017.09.13



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です