Fire TV Stick 4Kの画質と音質はいい?旧型との違いも比較してみた。【購入レビュー】

Fire TV Stick 4Kを発売日(2018年12月12日)に購入して一か月使ってみたのでレビュー記事を書きます。

映画を見たり、Amazon Prime Musicで音楽を流しながら作業ができたりと、想像以上に便利でした。

Fire TVシリーズとは?

Fire TVとはテレビの機能を拡張できる超小型コンピュータです。

Amazon Prime Videoはもちろん、HuluNetflixといった動画配信サービスの映像をテレビに映して楽しむことができるようになります。

またAmazonの製品ですので、Prime PhotoやAmazon music、AudibleといったAmazonのサービスをテレビで楽しむことができるようになります。

接続はHDMI形式なので、HDMI端子さえあれば、テレビだけではなくプロジェクタやサウンドバーに接続して使うこともできます。

Fire TVシリーズにはFire TV(販売終了)・Fire TV Stick・Fire TV Stick 4Kの種類があります。

Fire TVは高機能、Fire TV Stickは最低限の機能で小型化という住み分けがされていたのですが、スティック形状の小型端末にAlexaや4K対応などの機能が搭載されたFire Stick TV 4Kの発売により、、Fire TVの存在意義がなくなり販売終了となりました。

Fire TV Stick 4Kで出来ること

Fire TV Stick 4Kでは、映像作品を見るのはもちろん、音楽・写真などのAmazonサービスを利用することが出来ます。

また、Alexaを利用すれば、最新の天気予報やニュース、アプリの立ち上げから家電の操作までお願いすることもできます。
面白い話やジョークを言ってとお願いしてみるとおなかなかとんちの聞いた答えを用意してくれたりもします。

また、小型なスティック形状なので、友人宅や旅先などへも気軽に持参できるのが便利ですね。
おうちデートのときにDVD屋さんに行って見たい映画を探す必要がなくなるんです。

映像作品を楽しむ

Amazon Prime VideoHuluNetflixU-NEXTdTVといった有名動画配信サービスから、ニュース、スポーツなどの専門チャンネルまで対応しています。

Youtubeはアプリケーションがないのでブラウザ経由となりますが、ゲーム機やテレビのYoutubeアプリとほぼ同じ動きをするので、違和感なく利用することができました。

Amazonのサービスを利用する

Amazon Prime VideoやPrime music、Prime PhotoなどのAmazonのサービスがAmazonアカウントと連携して使えるのが、他のStick型端末と異なるところです。

Alexaを活用する

Alexa搭載リモコンなので、音声操作ができます。

便利なのは、動画再生中に「10秒戻して」や「30秒戻して」と早送り・早戻しができることです。

ただし、Echo端末のように「アレクサ」の呼びかけに応答する機能はないので、音声認識リモコンでボタンを押しながら話す必要があります。

クックパッドやAlexa対応家電などはAlexaに「スキル」を覚えさせることで、ボイスコマンドで利用可能になります。

リモコンのボタンを押す必要はありますが、料理中に音声でレシピを教えてくれるのは便利ですよね。

天気予報やニュースも音声操作で教えてくれるので、とても便利でした。

アプリをダウンロードして機能拡張する

Fire TV Stickは様々なアプリをダウンロードして機能拡張できるようになっています。

映像関係のアプリが多いですが、ゲームも多数あります。

特に有用なのが、iPhoneやMacBookの画面をミラーリング(AirPlay)できるアプリ。

有料アプリとなってはしまいますが、Apple TVを買うよりは安くAirPlayを利用することができます。

テレビと連動させる・プロジェクターに刺して大画面で楽しむ

実際に便利だなと思った使い方を紹介します。

Fire TV Stickとテレビは連動するので、Fire TV Stickのリモコンの電源ボタンを押すだけで、自動的にテレビが起動しHDMI入力モードになります。

音量の操作もFire TV Stickのリモコンでできますので、動画を見ようと思ったときにテレビのリモコンが不要でした。

また、プロジェクターに直接刺して大画面で楽しんだりサウンドバーを経由させてDolby Atomosの音声を楽しむこともできます。

私は、映画を楽しむときは、サウンドバーにFire TV Stick 4Kを刺し、映像はHDMIパススルー機能を使ってプロジェクターに入力しています。

Fire TV Stick 4Kと無印の違い

新型の4K対応「Fire TV Stick 4K」と無印の「Fire TV Stick」はどう違うのでしょうか?

新型発売後、実売価格が下がったこともあり、旧型のFire TV Stickは今でも良く売れています。

映像機能が大幅に強化されました。4K画質が出力できるようになったことはもちろん、HDRにも対応しています。

現在4K入力可能なテレビ類を持っていいない方も、今後のことを考えると、4Kモデルを買っておくことをお勧めします。
(これからオリンピック商戦で4K・8Kテレビも売り出されます。)

Fire TV Stick別売品(延長保証・イーサネットアダプタ・非純正品)

Fire TV Stickを最大限楽しむなら、持っておきたいアイテムを紹介します。

延長保証

基本的には1年間のメーカー保証がついていますので、初期不良の心配はありません。

不安な方は落下や水濡れに対しても保証してもらえる延長保証サービスに加入するのが良いでしょう。

2年間で1280円、3年間で1880円で延長保証に加入可能です。

故障の際にすぐに代替品を送付してもらうことができます。

イーサネットアダプタ

無線LANでも全く問題は感じませんが、より安定的に動画・ゲームを楽しみたい方。家庭のWi-Fiが不調な方は有線での接続も検討するべきでしょう。

USB電源・リモコンホルダー

Amazon純正ではありませんが、便利なアイテムがありますので紹介します。

テレビの裏ってできるだけすっきりさせたいですよね。テレビのUSB端子から電源が取れたら便利だと思いませんか?

それに、Fire TV Stick 4Kの電源ケーブルってあんまり長くないのですが、USBから電源が取れれば延長ケーブルも不要になります。

Fire TV Stickのリモコンは小さいのでなくしやすいんですよね。

そんな方にお勧めなのが、リモコンホルダーです。

映画・音楽を楽しむにはちょうどいい

Fire TV Stickシリーズは、休日に映画や音楽を楽しむのには、必須と言っていい端末です。

4Kか無印かは、家にある映像出力機器と今後の購入予定との相談です。

4Kが映せるディスプレイ環境があるのであれば、迷わず4Kモデルを購入するべきです。

まだまだ、4Kのコンテンツが少ないとはいえ、Amazon Prime Videoにも4Kのコンテンツがありますし、なによりホーム画面がくっきりします。

音声に関しても4Kモデルにて刷新されているのでFire TV Stick 4Kで映画を楽しみましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です