TOEICテスト直前にできる対策(残り時間別)【100点アップ】

TOEIC試験直前になって、準備が出来てないと焦るものです。

以下、時系列にできる対策を列挙してますので、間に合うものから実践しましょう。

全部やればスコア100点アップも見えてくるでしょう。

一か月前から一週間前

まだまだ時間があります。あきらめずに最後まで勉強を続けましょう。

直前対策問題集をやる

本屋さんに行くと直前対策問題集が売っているはずです。

10日間完成や一週間完成などを謳った本がありますので、取り組みましょう。

英語聞けるだけ聞く

通勤・通学の電車は英語教材を聞くようにしましょう。

教材はニュースやTOEICリスニング教材など何でもよいので、英語に触れる時間を増やしましょう。

 

一週間前

本番と同じ時間に予行練習をする

TOEICテストは基本的に日曜日に開催されます。

日曜日に仕事をお休みできる人は、一週間前に実際のテストと同じ時間に模試を解きましょう。

集中力アップの効果が見込めます。

一週間前から三日前

リスニング教材を倍速再生する

筆者は二倍速再生でリスニング教材を勉強し、リスニングセクション満点を取得しました。

400点台を目指したい方は、1.2倍速や1.5倍速で聞く練習をしておくと、本番のリスニング音声がゆっくり聞こえ、点数の大幅アップが出来るでしょう。

筆記用具を準備する

マークシート用のシャープペンシルと消しやすい消しゴムは必ず用意してください。筆記用具にお金を惜しんでは高得点は取れません。

自分の努力とは関係なく、確実に点数がアップする方法ですので、必ず購入してください。

シャーペンは1.0mm以上の芯の太さのものが、マークシート用として売っていますので準備してください。

マークする時間を節約することが大事です。

 

三日前から当日

体調を整える

TOEICテストの結果は、当日の体調に大きく左右されます。

体調を崩しやすい方は特に注意し、風邪をひかないように、寝不足にならないように注意してください。

体調が悪いと集中力も落ちてしまします。

勉強しすぎない

英語の勉強は意外と体力を消費します。また、勉強しすぎると飽きてしまします。

本番に疲れを残さないように、集中力を残すようにして、良いテストの結果を取りましょう。

 

当日テスト前まで

早めに会場に行く

会場には早く着くようにしましょう。時間に余裕がないとテストに集中できません。

たまに、息を上がらせて会場に到着する方がいますが、あれは絶対ダメです。

トイレを済ませる

テスト中トイレに行きたくなった、集中できません。離席をすることになると大幅な時間ロスです。

当日はテスト開始前にトイレに行きましょう。

 

テスト直前

自己暗示をかける

自分は高得点をとれる人間だと暗示をかけましょう。

これをするとしないとでは、テスト中の集中力が天と地の違いです。

eslfuntaiwan / Pixabay

 

テスト中

集中する

集中力。TOEICテストの肝といっても過言ではありません。

リスニングで集中力が切れて、追いつけなくなってしまったり、リーディングが終わらないことがよくあります。

テスト中、テスト以外のことは考えたら高得点は取れません。

邪念は取り払ってください。

あきらめる勇気を持つ

TOEICでは、あきらめる勇気を持つことが大事です。

リスニングは次の音声が始まる前には、問題に目を通しておかないといけません。

うまく聞き取れなかったときは、見切りをつけて次の問題に移ってください。

一度おいていかれたら焦りますが、切り捨てる勇気があればリスニング音源に追いつけます。

 

テスト後

神に祈る

あとは、神に祈って、良い結果を待つのみです。

 

 

それでは、皆さんTOEICテスト頑張ってください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です