留学後に英語力を維持するための5つの方法

こんにちは。留学から帰国後にせっかく上がった英語力、維持したいですよね?

僕がたくさん悩んだ結果、有効だと思った方法を皆さんに共有します。

 

英会話をする

留学先では、外国人と会話をして、英語を話すことに対する壁が薄くなったはずです。

この壁は時間がたつと、再び分厚くなってしまうので、覚えた英語を実践して英会話恐怖症を再発しないようにしましょう。

 

オンライン英会話を利用する

今話題のオンライン英会話です。

カメラとマイクのついたパソコンとインターネット環境さえあれば利用できます。

iPhoneなどのスマートフォンからでも使えるサービスも多いです。

 

RarejobDMM英会話なんかが有名どころですね。

毎月約5000円で毎日25分の英会話ができます。

 

僕のおすすめはネイティブキャンプです。

https://nativecamp.net/

ネイティブキャンプは約5000円の定額で、話し放題なんです。

 

大事なことなので、二回言います。話し放題です。

 

講師の質はどのサービスもほとんど変わらないので、割安なほうがお得ですよね。

このサービスからの回し者じゃないですよ(笑)

 

英語力の中でも一番維持が難しいのがスピーキングです。

毎日話して、英会話力のさらなる向上を目指しましょう。

 

英会話カフェを利用する

アクティブな方は、家に引きこもってばかりいないで街に繰り出しちゃいましょう。

そこそこの大都市であれば、英会話カフェがあるはずです。

 

形式は様々です。

外国人が多く集まってくる国際パーティのようなものから、

普通のカフェで英会話が趣味の人同士で英語でお話しするものまであります。

 

自分の好みにあうイベントを探して参加してみましょう。

 

娯楽を英語にする

せっかく英語に強くなったのであれば、身の回りの環境をすべて英語にしてしまいましょう!

 

英語で映画を見る

 

映画が好きな方は、英語で見るようにしましょう。

英語音声・字幕なし、または、英語音声・英語字幕がベストですが、

ご自身のレベルに合わせて日本語を用いてもいいでしょう。

 

映画があまり好きでない方も、外国人のYoutuberの動画を見たり、

海外ドラマを見たりと生の英語を聞く機会を最大化しましょう。

 

英語の音楽を聴く

音楽が好きな方は、積極的に洋楽を聞くようにしましょう。

邦楽もいい曲がたくさんありますが、世の中には洋楽のほうが多いんです。

きっと、あなたの好みにある曲が見つかるでしょう。

 

音楽をあまり聞かないって人は、ポッドキャストやラジオを聞くようにしましょう。

[ad]

ウェブサービスを利用する

英語学習に効果的なウェブサービスはたくさんありますが、

ここでは外国人とコミュニケーションが取れるサービスを紹介します。

Lang-8

http://lang-8.com/

外国語で文章を書くと、ネイティブが修正してくれるサービスです。

複数のネイティブスピーカーが添削をしてくれることもあるので、とても参考になります。

代わりに、日本語を勉強している外国人の文章を修正してあげましょう。

 

簡単に言語交換が出来、外国人とコミュニケーションをとることもできます。

 

InterPals

ペンパルを見つけるサイトです。

簡単な出会い系サイトみたいなものなので、あまり印象は良くないかもしれません。

 

外国人とコミュニケーションがとりたい方は、利用してみてください。

似たようなサイトは、たくさんあるので他のサービスを利用してもいいでしょう。

 

資格試験を受ける

定期的に資格試験を受けることで英語力の維持・向上を目指しましょう。

TOEIC

TOEICです。僕の大好きな試験です。受けるたびに点数が上がっていくので、やる気の維持が出来ます。

万が一点数が下がってい待った場合は、弱点が浮き彫りになるので、ケアもできます。

 

目標点数は高く持ち、留学後が最高得点でしたという状態に陥らないようにしましょう。

英検

英検は級ごとに分かれていますから、TOEICのような点数式の試験とは違います。

目標とする級をとれるように日々努力をするための試験のように感じます。

 

準一級くらいまで取れると、良いのではないしょうか。

 

そのほかにも、TOEFL・IELTSなど試験は多くの種類がありますので、

自分の興味関心に合った試験を受験しましょう。

 

もう一度留学に行く

お金と時間があればこれが一番いいですね(笑)

フィリピン留学

そうはいっても、お金のない方にはフィリピン留学をお勧めします。

一か月20万円からのフィリピン留学であれば学生のバイトでも貯められる額です。

学期中に貯めて、長期休みに留学するといいでしょう。

 

社会人の方も、一週間から留学できるので選択肢になりうると思います。

フィリピン留学ならではのマンツーマン授業・一日8コマ以上で詰め込み教育を受けましょう。

 

ネイティブ圏留学

短期の語学留学からしばらくして長期の留学に行く人は多いです。

1セメスター以上の長期にわたって、実際の大学の講義を受けることができれば、英語力は定着しやすいのではないでしょうか。

 

イギリスやオーストラリア等は最短1年で修士号が取れますので、

ストレートに進学している人に留学が原因で後れを取ることはありません。

 

 

以上、英語力を維持するための5つの方法でした。

皆さんがHappyなEnglishライフを送れるよう祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です