400PV/日の弱小ブログが2日間で5000PV集めた要因を分析する

こんにちは、シュウマイです。

昨日公開した、仮想通貨の暴落に関する記事が大勢の方に読まれていて驚いています。
ありがたい気持ちや、恥ずかしい気持ち、文章の拙さが申し訳ない気持ちなど、シュウマイの心中も忙しいです。

今回は、なぜたくさんの方に読んで頂けたのか分析していきます。

記事はこちらです↓

https://www.shumai-view.com/cryptocurrency/china-ban-ico/

2日間で5000PVを達成

2日間でと言っていますが、ほとんど丸一日・24時間にPVが集中していることが、グラフからわかっていただけると思います。

記事公開直後から、PVが上がり始めました。

初めに異変を察知したのはリアルタイムユーザーが10人を超えた時でした。
記事公開から40分程度経過したときのことです。


その後リアルタイムユーザー数はどんどんと増加し、最大で45人同時にアクセスしていることを確認しました。

PVが急増した要因

投稿時間とタイミング

中国でICO(イニシャル・コイン・オファリング)の禁止が発表され、仮想通貨の価格が下がったという内容の記事を、当日の午後20時ごろに投稿しました。

午後20時ごろというのは、仕事が終わってブログを読む人の多い時間です。
次に記事を予約投稿するときは、20時に投稿するようにします。

さらに、記事を投稿した後も価格下落が止まらず、検索する人が絶えなかったというのも大きなポイントでしょう。
模試記事投稿時点で価格が反発していれば、暴落とまでは言えず、検索する人も少なかったはずです。

 

例えば、こちらの記事を出した時にはすぐに反落したため話題性に欠けました。

https://www.shumai-view.com/cryptocurrency/h-bomb-cryptocurrency/

 

仮想通貨というテーマ

仮想通貨はまだまだ新規市場であり、仮想通貨関連の記事を書いているライターが少ないのではないかと分析します。
大手のニュースサイトや新聞社等のマスコミも仮想通貨関連のニュースには、レスポンスが悪くなります。

仮想通貨は内容が掴みづらいものが多く、参入が難しいことも要因だと思います。

そんな中、いち早く暴落に関する記事を書いたことで、googleに評価され、人々が集まってきました。
書く人が少ないので、より良い記事に埋もれてしまうこともありませんでした。

 

上記要因で集まった人による拡散

前述の要因により、集まった人々がTwitter等で言及してくれました。

これにより、SNSからの流入もありました。

 

仮想通貨特記ブログに転身すべきか?

仮想通貨関連の記事はPVが集まります。特に、価格暴落や暴騰があったときにです。

このように、話題に追随して記事を書くことを(特に利益目的で書く場合には)トレンドアフィリエイトと言います。
しかしこれでは、トレンドが去ってしまえば、だれにも読んでもらえない記事が大量に残るだけです。

仮想通貨の分野でトレンドを追わずに、毎日読まれる記事を書くには仮想通貨に対する深い知識が必要となります。
したがって、仮想通貨特記ブログを作るのは、難しいのです。

この機会に勉強するのもいいと思いますけどね。

まだまだ雑記しながら、仮想通貨について学んでいきたいと思います。

 

仮想通貨の売買はCoincheckで
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です